Arquivos

Votação
 Dê uma nota para meu blog

Outros links
 UOL - O melhor conteúdo
 BOL - E-mail grátis




ICU Nursing Care
 


皮膚科の診断

水虫やニキビ、アトピー性皮膚炎など病院の皮膚科、あるいはクリニックを受診する機会は少なくありませんが、一番多いのはアレルギーや乾燥季の痒みではないでしょうか? 痒みは皮膚と一部の粘膜に起こる、引っ掻きたくなるような欲求を起こす感覚です。皮膚の表面に付着した遺物を感受し、各琴に追って除去するための生体防御感覚であると考えられています。

皮膚科の専門医の領域では数多くの疾患にみられる症状ですが、肝臓や腎臓などの内臓疾患に伴うケースもあります。強い痒みは、集中力の低下や不眠を引き起こして、患者のQOL(生活の質)を著しく低下させます。また皮膚を引っかくことは、皮膚病変の悪化を招き、更に痒みをまして悪循環に陥ることもあるため、その治療は重要です。

痒みの受容器は、表皮内や表皮直下に分布する一次感覚ニューロンの自由神経終末です。皮膚疾患に伴う痒みは、炎症に伴って産生されるメディエーターや、マスト細胞の脱顆粒により遊離されるヒスタミンなどの痒みのメディエーターが、神経終末の受容器と結合して生じます。

痒みは皮膚や一部の粘膜に固有の感覚ですが、皮膚に何も作用しない場合も生じることがあります。手術後の鎮痛のために硬膜外腔やくも膜下に鎮痛薬を投与されたときの副作用や、多発性硬化症や脳腫瘍などの中枢神経系疾患の合併症として痒みが生じることも知られています。また、肝硬変や慢性腎不全による皮膚掻痒もあります。



Escrito por ICU às 05h08
[] [envie esta mensagem
] []



 
  [ página principal ] [ ver mensagens anteriores ]